特定調停が成立すれば、将来の利息が免除されるので、元金のみの返済に注力できるようになります。

特定調停のメリット・デメリット

 

借金の金額が100万円以上あり、
支払いが出来ず、生活も困窮し、破産する可能性がある場合特定調停を利用します。

 

任意整理は、誰でも法律家に相談することができますが、
特定調停を行うのにはいくつか条件があります。

 

 

特定調停の申立てが出来るのは、特定債務者だけです。

 

特定債務者とは、借金を背負っていて経済的に破産する恐れがある人です。
さらに、仕事で一定の収入があるのも条件となっています。

 

特定調停は、一定の金額を返済するのが前提となっており、
今後まったく返済する目途が立たない場合は申立て出来ないのです。

 

 

メリット

この特定調停のメリットは、裁判所が絡む点です。

 

任意整理は、法律家に依頼しますが、
中には債権者側が有利になるような形にまとまってしまう場合があります。

 

法律家も無償で行っている訳ではないので、得になる選択肢を選ぶ可能性が残っています。

 

しかし、裁判所の場合は、法律に公正な立場で判断をしてくれます

 

 

500円

次のメリットとして、金額が安いという点です。

 

裁判所に申立てする金額は、1つの金融会社につき500円です。
法律家に依頼する場合は、数万円が必要となりますので、非常に格安で行えます。

 

借金している時点で金銭的には厳しい状況でしょうから、
人によっては特定調停の方が行いやすいでしょう。

 

 

特定調停では、過払い金の返還請求を行うことも出来ます。
他にも、調停が成立すれば将来の利息をカットして、元金のみの返済に注力できるようになります。

 

 

 

 

デメリット

メリットの次は、デメリットについて知りましょう。

 

特定調停は、格安で利用できて、借金の利息をカットでき、
裁判所が公正な判断をしてくれる良いものに見えますが、重たいデメリットが含まれているのです。

 

特定調停は、あくまでも返済するのが前提です。

 

そのため、特定調停では返済計画についても話し合います。
毎月いくら返済するのか、それとも何月までにいくら返済するのかを決めるのです。

 

債務者と債権者の双方が合意して特定調停が成立した後に、
この支払いが滞った場合は、差し押さえが行われる可能性があります

 

しかも、この差し押さえは裁判所でも認められているため、拒否することは難しいでしょう。

 

このようなリスクもあるため、返済できるかどうかしっかり考えてから行動してください。