一度でも途中で返済をしていたり、支払いの催促があったら消滅時効は成立しません。

消滅時効とは?

 

時計

消滅時効は、「借金の時効」です。

 

時効、つまり借金を返済する義務がなくなるのです。
法律的に借金の踏み倒しが認められたようなものでしょう。

 

 

借金している人は、時効と聞くと食いついてきそうですが、あまり期待しないようにしてください。
この消滅時効は、滅多に成立しないからです。

 

 

まず、消滅時効が認められる条件として、お金を貸した債権者がお金を借りた債務者に、
借金の支払い請求をしない期間が5年ないし10年経過した場合です。

 

つまり「借金を返済してください。」、
という内容の請求がまったく無いまま時間が過ぎると返済義務が無くなるのです。

 

個人間での借金は10年商法での借金は5年となっています。

 

 

ただし、時効中断事由がなく、5年ないし10年が経過していなければなりません。

 

時効中断事由には、裁判上の請求や返済等が該当しており、訴訟を提起されておらず、
返済もしていない期間が経過していなければなりません。

 

例えば、一度でも途中で返済をしていたり、支払いの催促があったら、
消滅時効は成立しないのです。

 

 

もし、本当に借金の返済を5年ないし10年受けておらず、
その間に一度も支払いを行っていなければ、消滅時効を主張することで正式に認められます。

 

法律家に依頼して、債権者へ消滅時効が成立したと通知を送るようにしましょう。
これを行わないと、借金を消滅させることができません。
具体的には、消滅時効を援用すると言う内容の通知を送るのです。

 

 

 

このように、消滅時効が成立するのは珍しいケースだと言えます。

 

消費者金融などが支払いの催促をしてこないのはあり得ませんので、
時効を期待するのはほぼ無意味です。

 

個人間でも10年経過していれば成立しますが、
人間関係の悪化は避けられないため、返済するように努力してください

 

ちなみに、何年も前の借金返済の催促が突然来るケースが少なからずあるため、
そのような場合は消滅時効が成立していないか確認してみましょう。

 

引っ越してから住民票を更新しておらず、
ある日更新を行ったら請求が来るようになる場合があります。

 

消滅時効について覚えておくと役に立つかもしれません。