過払い金があるようなら、過払い金請求を行うことで返済金額を減らせます。

借金整理の種類

 

借金に悩む人

借金返済に悩んでいる人は、その悩みや辛さを誰にも相談できないでいることが多いです。
将来に希望が持てず、返済できるか不安で苦しんでいるのに、誰にも言えないのです。

 

やはり、借金をしていることは気軽に他人へ話せることではないようです。
誰かに相談したい、だけど誰にも知られたくない、そんな心理が働いているのです。

 

 

ですが、1人で問題を抱えていては八方塞がりになってしまう可能性があります。
既にそうなっているなら、尚更誰かへ相談しなければなりません。

 

そこで頼りになるのが法律家、行政書士の人達です。
借金の相談をすれば解決の糸口が見えるかもしれません。

 

 

そもそも、借金を整理する手段はいくつかあるのです。

 

最も一般的なのが、任意整理と呼ばれる方法です。
これは、話し合いで借金を整理する方法で、金額100万円程度の比較的少額の場合に行います。

 

借金をした債務者とお金を貸した債権者の話し合いによって決めます。
今後の利息を無くして、3年や5年といった長期返済の話をするのです。

 

債務者がお金を支払えずに自己破産するような事態になれば、債務者は大損をしてしまいます。
だからこそ、ある程度妥協してでも返済できる形へ持っていくのです。

 

 

特定調停

次に、特定調停という手段です。

 

これは、債務者が経済的に破産する恐れがあり、一定の金額を返済できる人が利用できます
こちらは家庭裁判所で債務者と債権者が話し合いを行うことになります。

 

任意整理と同様に将来の利息をカットして長期的な返済を行うのを双方が話し合いで決めます。

 

 

 

個人再生

次は、個人再生という手段についてです。

 

借金返済がかなり困難な場合に利用するもので、
借金の金額を5分の1程度まで減らすことが可能です。

 

そして、3年~5年の長期的な返済を行う計画を立て、
個人の生活を再生させるのが目的となっています。

 

債務者の差し押さえを回避する効果もあるので覚えておきましょう。

 

 

 

自己破産

最後に自己破産ですが、これは借金をすべて無くすことを言います。
土地や家、車があれば手放すことになりますが、莫大な借金で苦しむよりは良い選択でしょう。

 

ただし、ギャンブルや買い物などの遊びに使った借金は0になりません。
やむを得ない借金以外は無くなりませんので注意してください。

 

 

 

過払い金

また、借金している人の中には過払い金がある場合があります。
もし過払い金があるなら、過払い金請求を行うことで返済金額を減らせます。
法律家にも相談してみると良いでしょう。