任意整理の手続き後はブラックリストに登録されるので、5年程度は借金をすることができません。

任意整理のメリット・デメリット

 

少額の借金ならば、まずは行政書士などの法律家に任意整理の相談をしましょう。

 

任意整理では、債務者の給与や貯金を把握した上で債権者と話し合いを行い、
双方が納得できる返済計画を提案するのです。

 

 

メリット

よくあるのが、今後発生する利息を無くしてもらう交渉です。
利息が無くなれば、地道に返済を続ければ、いつかは完済できるのです。

 

もちろん、合意してもらえない可能性もありますが、それでも良い方向へ進展するでしょう。

 

 

また、借りた金額と返済した金額を計算し、過払い金が無いかも確認してくれます。

 

これにより過払い金があると返済手続きを行ってくれますので、払い過ぎた利息が戻ってきます。
利息制限法で、利息の上限は決まっています。

 

それを超える利息でお金を取っていたら違法になるため、
過払い金請求を行えば確実に返済されます。

 

 

任意整理は手軽に行えるのもメリットと言えるので、困った人は相談してみましょう。

 

 

 

デメリット

しかし、任意整理には、下記のようなデメリットが存在しています。

 

 

クレジットカード

まず、任意整理の手続きが完了してから5年程度は借金をすることができなくなります
クレジットカードを新しく作成したり、ローンを組むのも難しいでしょう。

 

任意整理を行うのは、
お金の管理が出来ないのと同義のため、ブラックリストに登録されてしまうからです。

 

 

それから、借金が消える訳ではありません

 

利息が無くなるメリットはありますが、引き続き返済をして行かなければならないのです。
利息を無くしたのに返済が滞るようであれば、差し押さえが行われる場合もあります。
あくまでも利息を無くしてくれたのは、債権者の配慮であることを忘れないようにしましょう。

 

 

ちなみに、任意整理は話し合いが主な手段となります。

 

そのため、債権者が利息を無くすことに同意しなければ状況は変わりません。
法律家に相談している以上、過払い金の調査や支払い計画のアドバイスはしてくれるでしょう。
しかし、借金は無くならないので、すべてが解決するとは思わないようにしてください