返済する借金が2割程度よくなりますが、複雑な手続きと高い費用が必要となります。

個人再生のメリット・デメリット

 

借金の金額がかなり高く、返済が困難な場合は個人再生という選択肢があります。
これは、借金を大幅に減額して、長期的な返済を行うようにするものです。

 

しかし、この個人再生は、非常に高いメリットがある分、非常に高いデメリットも存在します。
そのため、借金整理の中では、利用する難易度が高いです。

 

しっかりと内容を理解した上で活用するようにしましょう。

 

【その他の借金整理の方法】特定調停

 

 

メリット

この個人再生の最大のメリットは、借金の金額を大幅に減額できることです。

 

お金

具体的には、2割程度まで減額できます。
1,000万円の借金なら200万円となります。

 

ただし、100万円以下にはなりません。

 

8割の借金が無くなるのは、極めて魅力的なメリットです。
絶望的な金額の借金も2割の返済で良くなるなら、かなり現実的になってくるでしょう。

 

 

次に、自己破産と違い、家や土地、車などの財産を手放す必要がありません
住宅ローンがある人は、そのままローンを払い続けていくことが可能です。

 

 

債権者からの取立てや差し押さえなどの行為を禁止するメリットもあります。

 

多額の借金をしていると家まで押しかけてくる人も居るでしょう。
ですが、個人再生の手続きが認められると、それを禁止することができます。
給与の差し押さえのような強制執行も中止させられるのです。

 

 

 

デメリット

そして、次はデメリットについてです。

 

そもそも、この個人再生は、利用できる人の条件が厳しいものです。
借金の8割を無くす手続きのため、厳しくなるのも仕方ないことです。

 

まず、借金の2割は返済するのが前提なので、定期的な収入がなければ個人再生は受理されません
つまり、失業中だったり、収入が不安定な職業だと利用できないのです。

 

 

また、非常に複雑で手間のかかる手続きが必要で、時間とかなり高額な費用が発生します。

 

個人再生の申立ては、手数料が1万円、余納金が1万2,000円必要で、
裁判所によっては個人再生委員を選任するため、その報酬として20万円前後の費用が発生します。

 

さらに、手続きが煩雑なため、弁護士や司法書士に依頼せざるを得なくなり出費が増えます。
個人再生は非常に複雑なので、専門の法律家に相談する方が良いでしょう。