借金を完済してから10年が経つと、払いすぎた利息を取り戻すことは出来ません。

過払い金請求の期限

 

色々な事柄に「時効」というものがあるように、過払い金の請求が出来る「債権」にも時効があります

 

過払い金の時効は「借入金を完済してから10年」です。

 

要するに借金をすべて返し終わった日から10年以上経過してしまうと、過払い金の債権は消滅してしまいます

 

しかし、一度完済したあとに短期間に再び同じ金融業者で借り入れをした場合、同じ借り入れだという事に解釈する事が出来、一度完済した期間から10年過ぎたとしていても、最後の完済期間から10年以内であれば、過払い金の請求権を行使する可能性があると判断される場合があります。

 

再び借り入れた期間が離れていると、「別の取引」と判断される可能性が高いので注意が必要です。

 

また、過払い金請求の対象である2010年以前よりずっと借り入れをしている状態であれば、2010年以前の過払い金の請求権を行使する事が出来ます。

 

また、過払い金の請求は2010年以前に支払った利息の分を全て取り戻す事が出来ます。

 

 

時効が迫っている場合の対処法

あともう少しで過払い金請求が出来る10年がきてしまう、と思われた方は、ぜひ急いで借入金をした金融業者に「催告」を行いましょう

 

「催告」とは「過払い金の返還請求を行う」という意思を金融業者に示すもので、この催告を行う事で時効の進行を半年間停止する事が出来ます

 

この半年の間に過払い金請求を行えばいいのです。

 

なお、「催告」を金融業者に郵送する場合は、あとで金融業者に「送られていない」などと言い訳されないように、「内容証明郵便」で送付するようにしましょう。

 

過払い金請求が金融業者との間で和解する事が出来ず、裁判に持ち込まれた場合には、過払い金の時効がその時点で停止しますので、その場合でも無事に過払い金を返してもらう事が出来ます。