借入金を完済している状態で過払い金請求を行えば、ブラックリストに載る事はありません。

過払い金請求のデメリット

 

過払い金請求には「払いすぎた利息が返金される」という大きなメリットがありますが、デメリットも存在します。

 

過払い金請求を行うとそのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

 

ブラックリストに載る可能性がある

ブラックリストとは金融業者が管理する「金融個人信用情報」に「事故情報」が載る事を指します。

 

借入金を完済している状態で過払い金請求を行えばブラックリストに載る事はありませんが、借入金がある状態で過払い金請求を行うと、ブラックリストである「信用情報」に「事故情報」が載ります

 

ブラックリストに載ってしまうと、新たなローンを組んだり、新たなクレジットカードを作成するのが難しくなります。

 

 

弁護士や司法書士に頼むとお金がかかる

個人でも過払い請求を行う事は可能ですが、専門的な知識が必要な上、時間も手間も多大にかかってしまいます。

 

そのため、弁護士や司法書士に頼んで過払い金請求を行うのが一般的です。

 

しかし、弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すると、過払い金請求を行うときにかかる「着手金」、過払い請求を行った「基本報酬」、過払い金を回収したときの「成功報酬」がかかります。

 

この報酬については一定に決められているわけではないので、弁護士事務所や司法書士事務所によって様々です。

 

弁護士や司法書士に頼むときには、過払い請求を行ううえでどのくらいのお金がかかるものなのか、きちんと確認する事が大切です。

 

 

業者が倒産していると過払い請求しても返金が少ない

過払い金請求をする業者が現時点で存在していなければ、過払い請求をしても返金額がかなり少なくなってしまいます。

 

また、今金融業者が営業しているからと言って、その業者が倒産しないとも限りません。
過払い金請求を行うのであれば、出来るだけ早く行ったほうがよいでしょう。