自己破産すれば借金が無くなりますが、財産を失い0からの再スタートとなります。

自己破産のメリット・デメリット

 

借金が増えて、どうにもならない返済不可能な状態になったら、
自己破産を考えなければなりません。

 

自己破産を行えば借金が無くなりますが、土地や家や車も無くなり、0からの出発となります。

 

【その他の借金整理の方法】個人再生

 

 

メリット

自己破産のメリットは、何と言っても借金が無くなることです。

 

事業に失敗して多額の借金を背負ったり、様々な理由で借金が積もり積もったり、
莫大な借金地獄にいるぐらいなら自己破産してしまう方が良いかもしれません。

 

 

 

デメリット

しかし、自己破産は、本当に最後の手段だと覚えておきましょう。
借金は無くなりますが、多くのデメリットも存在しているのです。

 

 

まず挙げられるデメリットが、土地や家の不動産を没収され、車などの財産も無くなることです。

 

結婚指輪

これらは売りに出されて借金返済の穴埋めに使われます。

 

他にも保険や株、有価証券はもちろん、貴金属や家電製品も無くなるのです。結婚指輪なども例外ではありません。

 

もしこのような財産を隠し持っていることがあれば借金の返済義務が復活する可能性があります
どんなに大切なものでも、対象となる財産はすべて無くなってしまうのです。

 

ちなみに、日用品となる家具や衣類、生活に必要な家電は没収されずに残されます
ですが、嗜好品の類だと判断された場合は没収されます。

 

 

意外と知られていないデメリットとしては、破産手続きが完了する半年程度は、
引っ越しや長期的な旅行を行う場合は、裁判所の許可が必要になります。

 

 

さらに、自己破産したのですから、破産者名簿、いわゆるブラックリストに登録されるので、
今後7年~10年ぐらいは借金が出来なくなります

 

ローンも組めないため高額な買い物はできませんし、
クレジットカード等も作るのは困難になります。

 

今の世の中、ローンやクレジットカードが使えないのはかなり手痛いデメリットとなるでしょう。

 

 

自己破産は、借金は無くなりますが、それについてくるデメリットも多いです。

 

また、借金が無くなるのは自己破産した本人のみです。
借金に連帯保証人がいる場合は、そちらに返済が行くので注意しましょう。