過払い金請求は取引履歴を取り寄せて、自分で金融業者に請求することが出来ます。

過払い金請求は自分でできる?

 

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼するのが一般的ですが、実は個人で行うこともできます

 

弁護士や司法書士に頼むと「着手金」「報酬金」などのお金がかかりますが、それを一切支払うことなく行えるのがメリットです。

 

自分で過払い金請求を行うにはどのようにすればよいのでしょうか?

 

 

取引履歴を取り寄せて引き直し計算をする

まずはお金を借りていた金融業者に借入金の「取引履歴」を取り寄せましょう

 

金融業者には「取引履歴を請求されたら必ず応じなくてはいけない」という義務があるので、拒否される事はまずありません

 

取引履歴は電話やFAXやメールなどで取り寄せる事が可能です。
取り寄せを依頼してから、おおよそ1週間~10日ほどで送られてきます。
取引履歴が送られてきたら、「引き直し計算」をしましょう。

 

引きなおし計算とは、そのとき払っていた利息の分と、本来支払うべき利息分を「引き算」する事です。

 

面倒であればインターネット上で簡単に引き直し計算ができるフリーソフトをダウンロードして使用するとよいでしょう。

 

 

過払い金請求書を作成して金融業者に郵送する

引きなおし計算が出来たら、その引きなおし計算をした表をつけ、金額を記入した「過払い金請求書」を作成しましょう

 

過払い金請求書には、自分の氏名・住所・口座番号・支払期日を記入し、捺印も忘れないようにしましょう。

 

また、請求に応じなかったときには訴訟します、という意思表示を記載しておく事も大事です。

 

作成した過払い金請求書を郵送するときには、必ず「内容証明郵便」で郵送するようにしましょう

 

ここまで行えば、金融業者が動き出します。
しかし、たいていの場合、ここで過払い金が全額返済される事はありません
そのため、ほとんどがこの後簡易裁判所での訴訟になります