借金を完済から10年が経過してしまうと、過払い金を請求する権利を失ってしまいます。

過払い金請求ができない例

 

過払い金請求ができない例について

 

過払い請求は借入金があったからといって誰でも出来るわけではありません。

過払い金請求には一定の条件をクリアしている必要があるのです。

過払い金請求が出来ない例はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

借入金を完済してから10年経っている

どんな事柄にも「時効」があるように、過払い金請求にも「時効」が存在します。
その時効とは、「借入金を完済してから10年経過している」ことです。

 

要するに借金を全て返してしまってから10年経過してしまうと、過払い金を請求する権利を失ってしまうのです。

 

過払い金があるかもしれないのであれば、早目に過払い金請求に着手するようにしましょう。

 

 

過払い金を支払った金融業者が倒産してしまっている

借入金をしていた金融業者が現在倒産してしまってなくなっている場合、過払い金請求を出来ない可能性があります。また、過払い金請求を行って無事に返金されたとしても、少額しか返金されないことがほとんどです。

 

 

利息制限法の上限金利を越えていない

そもそもなぜ「過払い金」が発生してしまったかと言うと、「利息制限法」の上限金利と、「出資法」の上限金利が異なっており、多くの金融業者は上限利息の高い「出資法」にのっとって利息を回収していたからです。

 

しかし、2010年に「利息の上限は出資法も利息制限法にあわせる」という法律が出来た為、2011年以降にできた借入金には過払い金がありません

 

また、銀行など金融業者によってはもともと利息を低く設定されていた場合もあります。

 

 

キャッシングを利用していない

過払い金が発生しているのは「キャッシングによる借入金があった」場合です。例えばクレジットカードの分割払いやリボ払いなどで利息が発生していても、それは過払い金請求ができる条件にあてはまりません