何より気になる過払い金の請求費用は、最初の相談のときに費用がどの程度のものになるのか確認しましょう。

費用はどのくらい?

いざ、過払い金の請求をしようと思ったら、何より気になるのはその費用だと思います。
もちろん、事務所により金額に差はありますが、おおまかに見ていきたいと思います。

 

費用

まず過払い金の請求についての費用ですが、返還された金額の21%が相場です。
ただしこれは、着手金や実費が別途必要となることもあります。

 

また、他の債務整理の費用にも、過払い金が返還された場合の成果報酬があります。
こちらも21%が相場となります。
どんな方法で債務整理を行う場合も、過払い金はポイントとなるということです。

 

 

 

基本的には長期間に渡り、高利息を支払い続けてきた人に対して行われるものです。
その期間の長さ、金額の多さで、返還される金額も変わってきます。

 

多重債務の場合の費用は、借入先が何件かによって費用が変わってきます。
もちろん、1社の場合よりも2社3社の方が高くなります。
しかし、単純に倍を取るという事務所は少ないので、割増という感覚で良いと思います。

 

解決までの期間によっても費用が変わってくる場合もありますので、まず最初の相談の時点で、費用がどの程度のものになるのか、きちんと話し合っておく必要があるでしょう。

 

 

>>巻き起こる過払いバブルによって費用が変わっている?